気をつけてね。お子様の誤飲!

気持ち良い秋晴れですね。

お洗濯  掃除  買い物  そして お子様の予防接種などなど、主婦の皆さんは、本当に大変ですね。たまには、パパさんも家事をお手伝いおねがいしたいですね。

さて、今日は、忙しいご家庭で 起こりやすいお子様の誤飲についてお知らせします。

子供の誤飲ね2割は、タバコです。普段 家庭内で口にしている方がいて、お子様が 真似しやすいからでしょう。ニコチンが体内に入るとたいへんな事になりかねないので、お子様のいる家庭は、是非 禁煙してくださいね。

続いて  医薬品など

誤飲が起きやすいのは、はいはいを始める7〜9ヶ月くらいから、3、4歳です。

医薬品の中でも、特に血圧降下薬や、血糖降下薬、向精神薬は、めまいや、吐き気などの症状ガでたり、重症になる場合もありますので、十分に気をつけてください

薬の誤飲を防ぐには、薬は子供が見ていない所で飲む   間違えやすい空き缶などにいれない     手の届かない所に置くなど

お子様は、どんどん成長し、 知恵をつけていきます。思わない所で、事故が起きやすいので、忙しい中も どうか  気をつけてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ