子供の病気 こんな時どうする?

おはようございます。

さて、今日は、お子様な発熱についてお知らせします、

一般的に体温は、午後に高くなりますが、登園や、登校をしぶるお子様は、心理的な問題で、自律神経の調節がうまくいかずに、微熱が続く場合もありますね。

微熱が続くって 心配な方も多いですね。

感染症 以外の病気が、原因の場合 例えば 川崎病 年間1万5千人をこえる患者さんがいます。発症のピークは、1歳から2歳ですね。ちきんと治療すれば、治る病気ですので、慌ててないでくださいね。

感染症は、例えば 風邪 胃腸炎 溶連菌 手足口病 アデノウイルス RSウイルス インフルエンザ 水ぼうそう おたふく風邪などなど

集団生活の 中では、 感染症は、防げませんが、ひとつひとつ クリアして、お子様を見守ってあげてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ