熱性けいれんをおこしたら、予防接種はできますか?

こんにちは。今日は、モコモコのダウンベストにや、可愛いフリ-ス姿のお子様が目立ちますね。冬の訪れを感じます。さて、今日は、昨日の診療の中での出来事をお知らせします。

忙しい中、やっとお子様をインフルエンザ予防接種に連れていらっしゃいました。

お子様も、ニコニコ、元気!    ところが、問診表を見ると、先月、熱性けいれんをおこしてまして、   やれやれ、困りましね。せっかくいらしていただいたのに、   ママもがっかり。

基本的にどんな予防接種も、最後に熱性けいれんをおこしてから、2ヶ月は、接種を控えてくださいね。   子供のけいれんは、1割程度のお子様が、良性の熱性けいれんを経験するといわれていまして、ほとんどが後遺症などは、残らないどんないわれています。予防接種により発熱しても、けいれんを誘発することは、ほとんど少ないですが、やはり、2ヶ月位は、様子を見てからにしたほうが良いと思います。但し、繰り返しけいれんをおこしたりする場合は、てんかんが隠れている場合も、ありますので、大きな病院で脳波検査等をお勧めします。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ