溶連菌感染症は、クイック検査で、判定できます。

おはようございます!  貴重な梅雨の晴れ間ですね。お洗濯は、今日が、おすすめですね。

さて、溶連菌感染症が、流行ってます。以前は、猩紅熱  と呼ばれました。

溶連菌は、クイック検査で、判定が、できます。クイック検査は、綿棒で、のどを、ちょっと  ぐりぐりするくらいですので、小さなお子様も、安心してくださいね。

溶連菌は、のどに、この細菌が、感染して、起こります。のどのどに痛み、熱、赤くて小さな発疹があらわれたりします。胃腸炎も併発する場合もあります。

溶連菌は、10日くらい  きちんと薬を飲んで治療しましょう。まれに、急性腎炎、リウマチ熱、紫斑病などの合併症を起こす場合もありますので、ご注意ください。大人も感染します。

3歳未満の乳幼児が、感染することは、それほど多くありませんが、油断は、禁物です。高熱が出た場合は、早めに受診をおすすめします。

溶連菌は、幼児や、小学生の発症が、多い病気です。この時期  特に  気をつけてくださいね。

ちなみに  今日は、空いてますよ。

 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ