水ぼうそうワクチンを接種しましょう

こんにちは。朝晩は、冷え込んできましたね。今日は、10月から定期無料になった水ぼうそうワクチンについてお知らせします。

水ぼうそうは、みじかな病気で、特に多いのは、生後6ヶ月から4歳くらいで、5歳までに約8割の子供がかかるといわれています。

主な症状は、発疹や発熱で、一般的には、重症化は、少ない感染症ですが、年間3000人位に脳炎や肺炎、皮膚の重い細菌性感染症など重篤な合併症が見られ、10人くらいが死亡するとされています。

特にアトピ-性皮膚炎や、喘息などの病気があるお子様は、ご注意くださいね。空気感染もするため、あらゆるところで感染する可能性があります。

これまでは、任意接種でしたので、費用が自己負担だったこともあり、4割くらいの接種率でし毎年100万人が感染していました。

10月から、定期無料になりましたので、是非、きちんと接種をお勧めします。水ぼうそうワクチンは、基本的に2回接種で、免疫があがります。1回自費で接種された方も、1歳から4歳までは、2回目を定期無料で接種できますので、お勧めします。

インフルエンザ予防接種との同時接種もお勧めですね。予約は、必要ありませんので、診療時間内いつでもいらしてくださいね。母子手帳をお忘れなくお願いしまあす。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ