水ぼうそうの予防接種は、2回ですね。

おはようございます。今年一番の寒さになりましたね。ポンチョ姿の幼稚園生、手袋や帽子も可愛いですね。さて、今日は、水ぼうそうの予防接種についてお知らせします、

水ぼうそうの予防接種は、2回が基本です。2回接種することにより、かなりの抗体ができます。1回だけでは、不十分ですね。

1回目と2回目の間隔は、3ヶ月から1年以内がお勧めです。

ご存知のように、船橋市も昨年の10月から、水ぼうそう予防接種が公費無料になりました。

対象年齢は、1歳から4歳ですが、ちょっとご注意頂きたいのは、3歳から4歳の方は、今年の3月末までだけ公費無料なんですよ。ですから、もう一度、母子手帳を確認してみてください。

水ぼうそう予防接種を、自費で1回接種している方も、2回目は、公費無料接種できますよ。

せっかくのチャンスですので、是非、早めの接種をお勧めします。ただし1回目の接種から3ヶ月はあけてくださいね。

予想ですが、3月になると、駆け込みで接種する方が増えて、混雑したり、ワクチン不足になったりする可能性がありますので、今のうちがお勧めです。

クリニックも今のところ、いがいに空いておりますのでご安心ください。予約は必要ありませんので、母子手帳を持っていらしてくださいね。どうぞよろしくお願いします。

 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ