正しく知ろう 子供のぜんそく!

こんにちは〜だんだん春めいてきましたね

季節の変わり目に、注意したいのが、ぜんそくですね。ぜんそくの症状の原因は、気道の炎症です。お子様が、風邪をひいた後に、咳や、たんが、なかなか治らなかったり、時にはゼ-ゼ-  ヒューヒューといった呼吸のたびに、胸から音が鳴る、症状がでたら、ぜんそくを、疑いましょう。

子供のぜんそくは、約9割が、アトピー型があると言われています。アトピー型とは、アレルゲン  例えば  ダニ、ハウスダスト、花粉、ペット、特定の食べ物 などなど  つまりは 気道の過敏性というわけですね。風邪を引いた後に、通常ならば数日で、治る症状が、長引くのは、このようなぜんそくの性質が、原因の可能性が、ありますね。

幼稚園生の5人に1人、小学生の7人に1人が、ぜんそく傾向であると言われています。そして、小児ぜんそくの8割が、3歳までに発症します。でも、きちんと治療すれば、中学になるまでに、6割以上の患者さんが、ぜんそく症状がなくなるというデ-タがあります。

ぜんそくの治療は、症状がないときでも、根気強く行うことが大切ですね。基本的には、気道の炎症を抑える内服薬、吸入薬、気道を広げる貼り薬 そして、鼻炎や、副鼻腔炎の治療も、きちんとしましょう。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ