子供の体は、吐きやすい構造をしています。

おはようございます。お隣の韓国では、マ-ズが、騒がれて、感染拡大が心配ですね!

さて、最近、吐き気の症状のお子様が、多いので、お知らせします。

赤ちゃんや、小さな子供は、胃の入り口の締まりが悪く、胃が起き上がった形をしているため、飲んでり食べたりしても、逆流しやすくなっています。

また、食べたものを、噛んだり飲み込んだりすることが、うまくできないので、喉の奥に、それが、咽頭反射を起こして、吐いてしまうこともありますね。

つまり、病気以前に、吐きやすい要因をたくさん持っています。

吐く原因として最も多いのは、ウイルスや、細菌による感染が起きている場合です。

吐いている間は、脱水症状に気をつけてください。しかし、脱水が心配になり、吐いてすぐに、飲食をさせるとそれが刺激になり、また吐いてしたいますので、吐き気止めので座薬等で、少し落ち着いてから、水分補給をしてくださいね。

ケアする場合は、前後で、しっかり手洗いをしてから、お願いしますね。

具合が悪い場合は、早めに受診をお勧めします。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ