妊娠を考えている方、貧血に注意しましょう。

おはようございます。今日は、9月中旬の気温のようで、体調管理に気をつけてくださいね。

さて、今日は、妊娠を考えている方に、貧血の怖さをお知らせします。

我が国は、貧血大国で、妊婦の30から40パ-セントが、貧血のようです。妊娠すれば、母体だけでなく胎児にも、酸素や栄養を与えなければならず、多くの血液が必要です。しかし、つわりが起きると、食事がとれなくなり、鉄摂取が不足し、さらに貧血が悪化します。そのため、鉄剤を、服用することになりますが、鉄剤は、吐き気を悪化させる場合もあり、妊婦さんには、さらに辛い状態になりやすいです。

しかも、鉄剤で、貧血が改善するまでには、1から2ヶ月かかりますので、できれば、妊娠前に、きちんと検査をして、貧血状態を調べて、貧血の方は、早く治療し、健康で、元気な赤ちゃんを産んで欲しいですね。貧血により、赤ちゃんが低体重になるリスクは、29パ-セントアップします。早産になるリスクも、21パ-セントアップします。  生まれてくる赤ちゃんの為にも、自分のためにも、貧血の重大さを認識する女性が1人でも多くなるように、願っております。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ