今から注意する子供の感染症

こんにちは。今朝は、錦織選手、本当に残念でしたが、頑張りましたね。日本中が、盛り上がりましたね。

さて、朝晩と日中の気温差が大きくなり、秋の気配を感じます。昨日位から、お子様の感染症が増えてきましたのでお知らせしますね。

まずは、感染性胃腸炎。  症状は、嘔吐、下痢、発熱、頭痛などなど。朝は、元気で保育園に行けたのに、昼過ぎには、ぐったり  の場合もあります。

続いて、RSウイルス感染症。こちらは、夏から秋にかけてはやりやすい病気です。乳幼児が感染すると、高熱が続き、咳がひどくなり、ぜんそくのような症状がでる場合があります。

RSウイルスは、一度感染しても、何度でもかかる場合がありますのでご注意ください。

お子様の体調は、変化しやすいので、あわてないで、きちんと診療をお勧めします。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ