事故は、みじかなところでおこりますよ。

おはようございます、今日は曇り空   暑さも少し和らいでますね。

朝から、ベビーカーで予防接種のお子様がいらしてますね。2ヶ月になったら、予防接種スタートしましょうね。

さて、今日は、みじかなところでおこりやすい、お子様の事故についてお知らせします。

子供は、好奇心旺盛です。しかし時には、、その好奇心が大きな事故につながることもあります。子供の事故の多くは、親や家族のちょっとした気配りで防ぐことができます、

例えば、誤飲!   お子様は、手にしたものを口に持っていってしまいがちです。一歩間違えは、命を落とす可能性も!   子供が飲み込んでしまいそうなサイズのおもちゃ、お菓子、タバコ、医療品等は、子供の手の届かないところにおきましょう。

そして、交通事故!  子供の交通人身事故は、自転車に乗っているときに発生することが多く、また、歩行中の場合は、飛び出しが、原因になっている場合が多いです。いずれも、自宅から500メ-トル以内での事故が多く、自宅付近という、気の緩みが事故につながる可能性があります。

そして、夏場は、水の事故も多いですが、海、川は、もちろんですが、自宅の庭のプ-ルで、溺れる事故も少なくないようです。

是非、無事故で、楽しい夏を過ごしてくださいね。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ