不慮の事故! 誤飲、窒息に気をつけて

おはようございます。そろそろ梅雨入りまじかですね。

さて、今日は、ちょっと怖い話ですが、乳幼児の死亡原因についてお知らせします。

ご存知のとうり、乳幼児の死亡原因の第1位は、不慮の事故死です。

特に家庭内での事故が、目立っています。

その中でも、誤飲事故は、たいへん多い事故のひとつです。

さらに、通常の食べ物による、窒息も多いので、ご注意くださいね。

母子手帳に、かいてあるように、500円玉程度の大きさの食べ物も、危険です。

お子様の喉にすっぽりはまってしまい、窒息状態になる場合もあります。

あわてずに、頭が下になるように、支え、背中の中心部より上の方を平手でたたきます。

それでも、吐けない場合、呼吸ができない場合は、すぐに救急車を呼んでください。

風船や、ラップなどを飲み込んだ場合は、喉に詰まって非常に危険です。

呼吸停止になったら、5分以内が、勝負ですので、救急車が来る間は、心臓マッサージも、行ってください。

事故は、考えられない時に、おこります。普段から、不慮の事故にも備えて、大切なお子様を守ってあげられる準備もしていきたいですね。

 

 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ