お子様のアレルギーについて

こんにちは。今日は大寒ですね。空気が乾燥してますので、火の元には、十分ご注意くださいね。電気コ-ドの埃も危ないですので、こまめにお掃除しましょう。

さて、今日の新聞に気になる記事がありましたので、お知らせします。

生後9ヶ月の子供がいる母親の48パ-セントが鶏卵を含むパンなどの食品を子供に与えていないことが、環境省の調査でわかったようです。牛乳などの乳製品も53パ-セントが与えていないようです。確かに卵や乳製品は、アレルギーを引き起こす可能性がある物質とされますが、逆に、アレルゲンとされる食品の食べ始めが遅い傾向があり、遅らせた影響が今後の調査で明らかになるようです。

過去には、アレルゲンの摂取時期を遅らせるとアレルギー予防になるとする専門家もいましたが、近年は、効果がないという研究結果も報告されています。子供の病気や健康に環境が影響することはもちろんですが、あまり神経質になるのも、どうかな?と思います。

国民病にもなっている花粉症も、低年齢化していますが、アレルギー体質のお子様がいるのに、タバコを吸っていたり?   的はずれなケ-スもたくさんありますので、まずは生活環境をととのえて、子供を育てて欲しいですね。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ